• 唇のぶつぶつなどの感染症にジスロマックの有効性

    2016年6月28日

    感染力の高い溶連菌やマイコプラズマなどは多くの児童がいる調学校や保育園などの施設で一時的に流行する場合があり、その場合はジスロマックなどの抗生剤の作用が殺菌、増殖をおさえ高度な発熱や全身の発疹を抑えてくれます。特に溶連菌は高度な発熱が初期症状でインフルンザと間違われやすい病気の一つですが、その後の症...

    記事の続きを読む