唇のぶつぶつなどの感染症にジスロマックの有効性

感染力の高い溶連菌やマイコプラズマなどは多くの児童がいる調学校や保育園などの施設で一時的に流行する場合があり、その場合はジスロマックなどの抗生剤の作用が殺菌、増殖をおさえ高度な発熱や全身の発疹を抑えてくれます。特に溶連菌は高度な発熱が初期症状でインフルンザと間違われやすい病気の一つですが、その後の症状として腕や足などの発疹をはじめ、ほっぺの内側に口内炎のようなぶつぶつや唇にまで発疹症状が出るといった事が特徴的です。似たような症状で夏場のプールなどから感染しやすい手足口病や、一時的に流行るするマイコプラズマも発疹が見られ自己判断では難しいので体の変化に場を感じたらすぐに病院に行き検査をしてもらうことが大切です。ジスロマックには副作用が少ないことが特徴的なことから幼稚園や学校の施設内でこのような流行性のある感染症が流行り出した場合、予防薬として子供にジスロマックを服用する方もいるほどです。もし事前にジスロマックなどの抗生剤を服用中に溶連菌やマイコプラズマなどの感染症になり検査をした場合は、検査結果が陰性になる可能性があるので事前に医師に服用した経歴を申告することが大切です。また違う視点からみるとこのような感染症を抑えるがためにジスロマックを服用することで、稀にアレルギー反応や副作用が出る方がいます。個人差はありますが様々な副作用を引き起こす症状の中で、発疹・口内炎・ニキビ・舌炎や唇にぶつぶつができるといった炎症が出る場合があります。全身にわたる発疹が出た場合はアレルギー反応が出た可能性が高く、そのまま放置すると重い皮膚症状につながる恐れがあるので、速やかに医師に診察をしてもらいジスロマックの中断をする事が大切です。

ページの先頭へ戻る