ジスロマック服用後の発熱と飲むタイミングの注意点

「ジスロマック」は主に、マイコプラズマなどの流行性の高い感染症・クラミジア感染症などの性病をはじめ、細菌によって起こる二次感染や予防などといった細菌感染症に有効的な抗生物質です。特徴としては特にクラミジア感染症には有効的に作用が発揮され、1回の服用でなんと90%ほど治るといった高確率な治療薬で、その他の細菌感染症には「1日1回・2錠・3日間」継続して服用することで体内の組織内に入り込み、長期間滞在することでおおよそ1週間から2週間という長期間作用を発揮する抗生物質です。注意したいポイントはマイコプラズマなどの感染症などには有効的ですが「インフルエンザ」をはじめウイルス性の疾患には効果が効かないといった点、また「3日間継続服用」することで効果を発揮するが為に、「飲み忘れ」や「飲むタイミング」を覚えておくことが大切です。ジスロマックは抗生物質の中では「副作用」が極めて少なく、3日間服用するだけで長期間作用が有効的なことからも薬嫌いな子供からお年寄り・妊娠中の妊婦さんにまで安心して服用できる抗生物質でもあります。飲み忘れには注意したいところですが、副作用が少ないからと言って例えば飲み忘れた場合に倍の4錠を一度に服用するといった事は身体に負担がかかりすぎるてしまうため絶対に控え、はじめの服用後から次の服用まで24時間あけてから服用するといった飲むタイミングを守ることが大切です。副作用は少ないとは言えどんな薬にも必ず副作用があり、ジスロマックにもまれに発熱・腹痛・嘔吐・下痢・嘔吐という症状があります。副作用より注意したいことは他の薬と併用して服用することです。特にエルゴタミンという物質を含む薬との飲み合わせは、血管萎縮を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

ページの先頭へ戻る