ジスロマックはクラミジア感染に有効

クラミジア 検査
↑ジスロマックで早期治療する為には早期発見が肝心です

クラミジアというのは、病原性の微生物の一種であり、性器に感染した場合は性器クラミジア、のどに感染した場合は咽頭クラミジアなどという病名で呼ばれることがあります。
基本的に性行為を通じて相手からうつされてしまう病気で、淋病、梅毒などといった病気と同様に、性感染症とカテゴライズされています。
ただし、一般的な性感染症とは異なり、クラミジアに感染したとしても、自覚症状が出ることはあまりないことから、かえってクラミジア感染したのを知らずに性行為をして、他人への感染が拡大してしまうといったやっかいな問題を含んでいます。
性器へのクラミジア感染ですが、もしも症状があらわれた場合には、男性であれば尿道から透明な分泌物が出たり、痛みがあったりするほか、女性でも男性よりは顕著ではないものの、おりものの量が大量になったりします。
症状が軽いからといって、クラミジア感染を放置してしまうと、尿道炎や卵巣炎、子宮頚管炎、子宮内膜炎といった病気にまで発展してしまい、ついには不妊になってしまうことさえありますので、要注意であるといえます。
そこで、たしかな方法でこのクラミジア感染を治療することが必要となるわけですが、現在ではジスロマックのような特効薬がありますので、比較的かんたんに治療することが可能です。
ジスロマックというのは、抗生物質の一種で、クラミジアにかぎらず、さまざまな細菌がひきおこしている感染症の治療効果がある医薬品です。
このジスロマックを服用すれば、体内にいた細菌などの増殖が抑制されたり、殺菌をしたりしますので、痛みなどの症状があったとしてもすぐに緩和されます。
ただし、細菌の種類によって服用する量や回数が異なっているため、その点にだけはあらかじめ確認をしたほうがよいでしょう。

ジスロマックで性病予防

誰もが他人事ではないのが性病です。病原菌に触れてしまった手や物を介してでも感染してしまう可能性がありますので、知らず知らずのうちに感染して苦しむことになってしまいますので注意が必要です。
と言っても、常に消毒をするわけには行きませんし、感染しても初期症状が遅れて出てくることもあるので、気づいたころには初期段階ではなくそれなりの治療が必要になってしまうパターンもあります。その点からも予防も重要なのです。
特に性病で多いのがクラミジア、淋菌です。クラミジア、淋菌にかかると痒くなったり尿道の炎症を起こします。尿道の炎症では排尿のたびにヒリヒリしたり、痛さを感じてずっと気になり辛い症状となります。
この病気に有効な抗生物質がジスロマックです。よほどの重症ではない限り、1回の服用で症状が落ち着き悪化しませんので、短期間で治療が済みます。
また、クラミジア、淋菌に限っては治すばかりではなく、予防としても利用できます。感染しそうなシチュエーションがあると分かっていれば、その前にジスロマックを飲んでおくと、感染の予防になります。
空腹時に1回分を飲めばよいので、手間もかからずに予防対策ができるのです。1回の服用で7日間程度は効果が継続するので、飲むタイミングは医師に相談した方が良く、あまり立て続けに服用するのは慎重に考えた方が良いでしょう。
ジスロマックはクラミジア、淋菌の両方に効くので、どちらに感染しているのか検査しなくてもよく、更に1回飲むだけで十分な効果が継続します。
さらに性病予防としても手間と時間がいらないので、無用な病気にかかることを防止するのに大きく役立ちます。なってからでは面倒だったり、辛い症状があったりしますので、早めに対策を立てる意味でもジスロマックは有効です。

ジスロマックの入手方法と価格

ジスロマックの入手方法としてまず最初に検討できるのが病院での処方です。
性病に感染したなどの事情があって病院で診察を受けてジスロマックによる治療が効果的だと判断されたのであれば処方箋を作ってもらうことができますから、それをもって調剤薬局に行けば簡単に手に入れることができます。
価格は薬だけだとおよそ3000円ほどですが、それに診察料や検査料などが含まれることを考えると総額で10000~15000円の範囲内に収まるくらいでしょう。
かなり高額であることに驚く人も多いのですが、これは性病を理由に病院を受診する際に保険適用になるケースとならないケースがあるからです。
症状があって病院に行くのであれば保険適用になりますのでもっと安くなりますが、症状が無く、例えばパートナーが感染していることが分かったから検査を受けたいという事情であれば保険適用にはならずかなり高額な医療費が請求されてしまうわけです。
ただこうした費用負担が難しい人や過去の性病の再発でジスロマックさえあれば良い人の場合には個人輸入も検討できる方法となるでしょう。
個人輸入とは海外の販売会社から直接薬を買う方法であり、この個人輸入を利用する場合には薬代だけで済みます。
クラミジア感染症の治療としてジスロマックを使う場合は1000mgを内服することになるケースが多いですが、1000mg分を個人輸入で買う場合は3000円ほどの出費で済みます。
また海外で製造されるジェネリック医薬品から選べばさらに安く、1錠700円などの価格で入手することも可能です。
ただ個人輸入は自己責任が基本となっていますので、明らかに再発だとわかる場合はまだしも何の病気にかかっているのかすら判断できないような状況では利用しない方が無難です。
自分で間違いなく判断できる場合は個人輸入、そうではない場合は病院処方として使い分けましょう。

ページの先頭へ戻る